オープニングセレモニー&May J. シネマミュージックコンサート | 愛媛国際映画祭

オープニングセレモニー&May J. シネマミュージックコンサート

招待映画の俳優や映画監督によるトーク、映画音楽のコンサートなどを含む、愛媛国際映画祭でしか体験できないオープニングセレモニーを開催します。新作「ソローキンの見た桜」で主演を務めた阿部純子らが登場。
また、ピアニスト・作編曲家としてワールドワイドに活躍するクリヤ・マコトが、「アナと雪の女王」日本語版主題歌を歌い、昨年は映画音楽をカバーしたアルバム「Cinema Songs Covers」をリリースした歌姫May J.をフィーチャーして、この日だけのスペシャルライブをお届けします。

日時:3月 15 日(金) 開場 17:30 開演 18:30

場所:松山市民会館大ホール

■入場料:全席指定 前売り3,000円(税込)/ 当日3,500円(税込)
■プレイガイド:ローソンチケット(Lコード62454)、南海報送チケットセンター、いよてつ高島屋、デュークショップ松山、フジグラン松山、エミフルMASAKI、シネマサンシャイン(大街道、衣山、重信、エミフルMASAKI)
■お問い合わせ:南海報送イベント推進部  TEL 089-915-2380
平日10:00〜12:00 13:00〜17:00(土・日・祝休み)
■被災地児童・生徒招待
平成30年7月豪雨で被災された県内在住の児童・生徒及びその家族、最大100名様をご招待します。
申し込みはこちらから ※応募多数の場合は抽選となります。

MayJ

【コンサート演奏予定作品】

レット・イット・ゴー(「アナと雪の女王」テーマ曲)
Another Day of Sun (「ラ・ラ・ランド」テーマ曲)
オールウェイズ・ ラヴ・ユー(「ボディーガード」テーマ曲)
MY HEART WILL GO ON(「タイタニック」テーマ曲)
ひまわりの約束(「STAND BY MEドラえもん」テーマ曲)
やさしさに包まれたなら(「魔女の宅急便」テーマ曲)
SMILE(「モダン・タイムス」テーマ曲) ほか

【コンサート出演者プロフィール】

■May J. (メイジェイ)
日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち、幼児期よりダンス、ピアノ、オペラを学び、作詞、作曲、ピアノの弾き語りをもこなす。2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌を担当。同年の第65回紅白歌合戦に初出場。2015年1月には自身初となる、日本武道館の単独公演を開催。現在、カラオケ動画コミュニティ KARASTA CMソング「嘘つき、嘘つき。」を配信中

クリヤ・マコト

■クリヤ・マコト:ピアノ
ウェストバージニア大学にて言語学を学ぶ傍らライブ活動を開始。卒業後はピッツバーグ大学にてジャズ講師を務め、同時に米東海岸各地でジャズピアニストとして活躍。グラミー受賞者チャック・マンジョーネ・グループに参加するほか、ジェームズ・ムーディー、ドナルド・バードなど多くのジャズの巨匠と共演。帰国後は自らのグループで活動を開始し、20枚以上のリーダー作をリリース。また10回以上のヨーロッパ・ツアーを行い、ブラジル、オーストラリア、インドでのツアーや、モロッコ、インドネシア、台湾、エジプトでの公演も成功をおさめる。時にジャズという枠に収まらぬ多才ぶりを発揮し、平井堅、八代亜紀などポップスの作編曲・音楽プロデュース、TVテーマ曲、映画音楽なども手がける。現在BS-TBS「報道1930」のオープニングおよびエンディングテーマ曲を担当。また、BS日テレの異色音楽番組「大人の名曲ライブ 今宵☆jazzyに!」では、編曲およびバンドリーダーを担当している。

■納 浩一:ベース
大学卒業後バークリー音楽大学に留学し、クラーク・テリー、スライド・ハンプトン、タイガー大越など、多くのミュージシャンと共演。’85、’86年度のバークリー・エディ・ゴメス・アウォード受賞。卒業後帰国し、渡辺貞夫グループのメンバーや森山良子グループのバンドリーダーとして活躍。また桑田佳祐、石井竜也、平井堅、マンディ満ちる、Bird、JUJUなどポップス系ミュージシャンのレコーディングおよびツアーにも参加。自己のソロアルバム「琴線」をリリースするほか、ジャズカルテット「EQ」でも多くのアルバムをリリース。驚異的なフレージングを奏でるウッドベース、なめらかなビートを刻むエレキベース共に優れ、まさに日本ジャズシーンを代表するトップベーシストの一人。リットーミュージックから出版した譜面集「ジャズ・スタンダード・バイブル」シリーズが、出版不況の中驚異的な売上げを記録している。

■藤井 学:ドラム
名古屋の大学在学中からプロ活動を始め、共に活動していた滝野聡のデビューと共に上京。滝野バンドのメンバーとしてツアー、ラジオ出演等で活動。また阿川泰子のバンドに参加し、日本テレビ「オシャレ30:30」にも出演。ジャズオリエントながら、フュージョン、ロック、ソウル、ラテンなど、幅広いジャンルに対応できるマルチ・ドラマーとして活躍中。寺井尚子、木住野佳子、アキコグレース、小林桂、向井滋春、金子晴美、カール・カーター、ジョシュア・ブレイクストーン、サリナ・ジョーンズなど、多くのアーティストから信頼を寄せられている。また、ボーカリストとしてCMソングも数多く歌っている。

■弦一徹:ストリングス・リーダー
大学在学中に”G-CLEF”のメンバーとしてCBS/SonyRecordsよりデビューし、ベスト盤を含む10枚のアルバムと2枚のライブビデオを発表。1991年東京藝術大学卒。1995年ソロに転じ、BMG/Victorよりアルバム「粗品」をリリースするのと同時に、スタジオミュージシャンとしての本格的な活動を開始。”弦一徹ストリングス”を率いて、数々のアーティスト・レコーディング、ライブサポート、音楽番組出演、サウンドトラック、コマーシャル、ゲーム音楽等のレコーディングを行う。2000年代には日本のトップ・ストリングス・リーダーに上り詰め、共演アーティスト、参加楽曲を挙げるときりがなく、誰もがどこかで必ず弦一徹ストリングスの音色を聴いたことがあると言っても過言ではない。今回は、第1バイオリン=弦一徹、第2バイオリン=藤田クリスチーナ、ビオラ=カメルーン真希、チェロ=内田麒麟のカルテットで参加する。

□セレモニー&コンサートのチケット購入はこちら
https://www.rnb.co.jp/event/node/009758.php
□上映作品への無料鑑賞のお申し込みはこちら
https://ssl.rnb.co.jp/form/mailform/mail.cgi?id=ehimefilmfestival
□その他の申し込み方法、詳細は以下をご覧ください
https://www.rnb.co.jp/event/node/009758.php